当院滅菌システムのご紹介  クラスB~クラスS~クラスN

歯科クリニックでは、「すべての患者さんが潜在的な感染性をもっている」という前提のもとに診療にあたっています。つまり、あらゆる感染症に日常的に対策する必要があります。私たちが日々行っている、消毒〜滅菌作業において大きなウエイトを占めているのが今日ご紹介する高圧蒸気滅菌器オートクレーブです。このオートクレーブには滅菌のクオリティから3つのカテゴリーに分けられています。

クラスB(最も厳格な基準で最高レベルです。大型の高圧蒸気滅菌器の規格に準拠し、全種類の器具に対応可能です。最高ランクの称号とあり、院内環境の整備にも大きく貢献します。)

クラスS(クラスNの滅菌対応可能な各種器具にプラスし、滅菌器メーカーの指定した特定器具の滅菌に対応できます。クラスBに次ぐ性能で、だいたいの器具に対応することができます。)

クラスN(未包装の固形器具に使用可能な滅菌器です。滅菌後には保管せず、使用しなければなりません。大多数の歯科医院で使用している滅菌器です。最も一般的なタイプです) 日本では一般的にクラスNが多用されています。

当院ではすべてのクラスのオートクレーブを備え、使い分けています。滅菌に終わりはありません、今後も常に新しい情報に目を向けながら、よりよい歯科治療のためにスタッフ一同努めてまいります。