歯科インプラント

インプラント治療とは

術前に必ずCT撮影を行い、安全で正確な処置ができるよう診断しています。
主にチタン製の人工歯根を顎骨に埋め込み、失われた歯の形態や機能を回復させます。1本から複数本の歯にも対応できます。また、入れ歯の支えとして利用する方法も昨今の高齢化社会の中で需要が増えてきています。

CTで撮影した顎の骨の画像と、治療予測模型のデータを用いて精密なシミュレーションを行うことができます。骨と歯肉、咬み合わせや顎の位置が「どういった状態」にあり、インプラントを「どう埋入すべきか」が分かります。
とにかく安全なインプラント治療を心がけています。

ガイデッドサージェリーの使用

シミュレーションデータをもとに「サージカルガイド」を作製し、インプラント埋入時の位置、角度、深さのズレを限りなくゼロに近づけます。手術時間の短縮、患者さんの心身的な負担軽減につながります。

※ガイデッドサージェリーとは?
シミュレーション通りの埋入をサポートする装置。埋入の位置と角度をより確かなものとします。